内向型の生き方

【久しぶり】認知科学コーチングを学び始めました

こんにちは。
内向型プロデューサーのカミノユウキです。

久々の投稿になりました。

ここ最近の出来事としては、柔術を習い始めたり、第二子が生まれたり、いろいろありますが、特に大きなことと言えば、去年の8月からMindset Coaching Schoolというところでコーチングを学び始めたことです。

コーチングというと「コーチが親身になって話を聞いてくれて、考えを整理してくれるもの」というイメージを持っている人が多いんじゃないでしょうか。

僕も過去にコーチングを受けたことが何度かあって、「頭がスッキリした」「自分の気持ちに気づけた」ということはありました。ですが、めちゃくちゃ人生が変わったということは正直なかったです。

この一般的なコーチングって、カウンセリングに近いんですよね。

僕が学んでいるのは、認知科学コーチングというもので、現状の外のゴールを設定して、人生を飛躍させていくのが目的です。

「悩みを解決する」のではなくて「未来を創造する」もの。

この記事では、

・コーチングを学び始めた理由
・コーチングによってどんな変化が起こるのか

について話していこうと思います。

認知科学コーチングを学び始めた2つの理由

ゴールを設定して人生が変わった!

ご存知の方もいるかも知れませんが、僕は今から約3年半前に会社をやめて、内向型プロデューサーとして活動を始めました。

当時の自分の行動を今、振り返ってみると、もともとの性格からは考えられないような大胆なものだったんですよね。

・石橋を叩いて渡るような慎重なタイプだったのに、内向型プロデューサーとしてほとんど稼げていなかった状態で、勢いで会社をやめた。

・自分の考えとか気持ちを他人に知られることにすごく抵抗があったのに、ブログとツイッターで内向型の情報や自分の体験談を発信することも楽しんでやっていた。

・人前で話すこともあまり好きではなかったのに、ワークショップや講演会などを次々に開催した。

・フォロワーの方も順調に増え、個人向けのコンサルティングなども始めた。

・極めつけは、起業時の1つの目標だった本の出版を、わずか1年半後に実現することができた。

「なんでこんなに行動できるんだろう?」「なんでこんなに目標がどんどん叶っていくんだろう」と不思議でした。しかも、我慢して苦労しながらではなく、むしろ楽しみながら。

自分が内向型であることを理解して、その強みを活かしているからということももちろんありましたが、それ以上の結果だなと思っていました。

その理由がずっとわからなかったのですが、認知科学コーチングの理論を知ったときに、答えに気づいたんですよ。

それは「内向型を世の中に広める」という現状の外側のゴールを設定してたからです。

認知科学コーチングの詳細についてはまた別の記事で話そうと思いますが、このゴールを設定したことで自分の“マインド”が変わったんですよね。

内向型を世の中に広めている自分をイメージすると、

「会社で消耗している場合じゃないよな」

「発信することに抵抗があるとか言ってる場合じゃない」

「たくさんの人の前で内向型についてプレゼンしていて当然だよな」

こんなふうに当たり前の基準がガラッと変わっていきました。

おかげで思いきった行動を起こすことができ、目標もどんどん実現することができたんです。

さらに飛躍したい!

その一方で、ここ最近は停滞していました。モチベーションが低い状態が続いていたんですよね、

いくつか理由がありますが、一番大きいのは次のゴールが設定できていなかったからです。

会社員の時に立てた「内向型を世の中に広める」というゴールは、情報発信や出版によって達成できてしまったからです。

本来であれば、新しいゴールを設定するか、「内向型を世の中に広める」というゴールの解像度を高める必要があったのですが、それができてませんでした。

認知科学コーチングを使いこなし、意図的にゴール設定ができるようになることで、人生をさらに飛躍させていきたい、そう思ったのがこれが認知科学コーチングを学び始めた1つ目の理由です。

マインドが変わると、夢がどんどん叶っていくループに入れることを身を持って体験しているので。

で、実際に、新しいゴールを設定したのですが、そのおかげで今はすごくやる気に満ち溢れています!笑

情報発信もガシガシやっていきますし、内向型の人向けのサービスもどんどん提供していきます!

内向型の人の夢や目標の実現をサポートする!

2つ目の理由は、目標や夢をどんどん叶えていく内向型の人の増やしたいからです。

これまでたくさんの内向型の人の個別サポートを行ってきましたが、内向型の強みを活かして仕事や働き方の課題を解決していく、という方向性でした。

最近改めて気づいたいのですが、僕は人がポジティブに変化していくのが好きなんですよね。悩みが解決できてスッキリ、ではなく、具体的に目標を達成したり、夢を実現できたり。

これからは内向型の強みを活かすというのは前提として、仕事やプライベートを含めて人生がポジティブに変わっていくサポートをしていきます。

認知科学コーチングを使えば、それができると確信しています。

実現したい夢や目標がある
現状維持から脱却したい
本気で人生を変えていきたい
自分の本音に素直に生きたい

そんな内向型の人の力になります!

実際、今のサービスでも認知科学コーチングで学んだことを取り入れたら、クライアントの成果にも変化が出てきて、手応えを掴んでいます。

まとめ

僕自身、人生が変わったのは「内向型を理解して、その強みを活かすことができた」ことに加えて「内向型を広めるというゴールを設定した」からなんですよね。

内向型人間であっても、正しいやり方を身につければ、夢や目標をどんどん叶えていくことができます。

ABOUT ME
内向型プロデューサー/カミノ ユウキ
▼「自分は内向型人間なんだ」と気づいて人生が激変した ▼“行動力がない” “人付き合いが苦手”な自分を受け入れられるようになった ▼内向型の存在を広めるために会社を退職→内向型プロデューサーに ▼ツイッターでも「内向型の人が生きやすくなるコツ」をつぶやいています