5分でできる!内向型診断はこちらから
内向型

内向的な人は騒音がストレスになりやすい。常にイヤホンをつけて身を守ろう!

こんにちは。
内向型プロデューサーのカミノユウキ(@KaminoYuki)です。

「ゆっくりしようとカフェに来たけどなぜか落ち着かない」
「騒がしいオフィスでは集中できない」

内向的なあなたはこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

じつはその原因は、内向的な人は外向的な人に比べて、騒音がストレスになりやすいからなんです。

外向的な人にとっては「少しうるさいな」くらいの音量でも、内向的な人にとっては「かなりのストレス」になってしまうということ。

そんな内向的な人にとって、最も有効なのはイヤホンをつけて騒音をシャットアウトすることです。

この記事では、内向的な人がストレスをためないための、騒音対策についてお伝えしていきます。

内向的な人は騒音がストレスになる

内向的な人と外向的な人では集中できる環境に違いがあるという研究結果があります。

ノイズを聞かされながらパズルやクイズを解いたり、計算するといった実験をすると、外向的な人は、騒音のレベルを平均で72デシベルくらいまで下げれば十分に集中できることがわかっています。

この数値は、だいたいうるさいスターバックスコーヒーの店内くらいだと思ってください。

これに対して、内向的な人は、55デシベルまでノイズを下げないと集中できませんでした。

これがちょうど静かな図書館くらいのレベルです。これよりうるさい環境だと、内向的な人のクイズや計算のスコアは極端に悪化し、静かな環境での半分くらいまで下がってしまいました。」

出典:ストレスを操るメンタル強化術 /メンタリストDaiGo

内向的な人は騒音が大きい環境ではストレスを感じるため、集中力を奪われてしまいます。

「騒がしいカフェでは落ち着かない」
「話し声が飛び交うオフィスでは集中できない」

こういった経験がある方は多いと思いますが、当然のことなんです。

内向的な人は居心地のよい環境をつくるために、騒音の大きさに気をつける必要があります。

集中できる環境

内向的な人→静かな図書館
外向的な人→うるさいスターバックスの店内

内向的な人は日常に潜んでいる騒音にも注意

周りの騒音が気になるのは、集中しようとしたときが多いと思います。

「じゃあ集中したいときだけ騒音に気をつければいいのか」

と思われるかもしれませんが、普段の生活の中に潜んでいるん騒音にも注意したほうがいいんです。

出典:暗騒音工法研究会/http://www.bgnm.jp/noise.html

この表を見ると、騒がしい街中は70dB、電車の中は80dBとなっています。

内向的な人が居心地がよいのは55dBなので、外出中は常にストレスを感じているということになります。

さらに、犬の鳴き声は90dB、車のクラクションは110dBです。

道路を歩いている時にこのような音が耳に入ることはよくあると思いますが、そのときにもかなり強いストレスを感じているんです。

外向的な人にとっては「少しうるさいな」くらいの音量でも、内向的な人にとっては「かなりのストレス」になっています。

こういった日常の中の騒音は、当たり前すぎてあまり気にしたことがないかもしれませんが、内向的人にとっては疲れやストレスの原因になるので注意が必要です。

内向的な人の騒音対策。常にイヤホンをつけること

では騒音に対して内向的な人はどうすればいいのかというと、一番のおすすめはイヤホンをつけることです。

多くの人は音楽を聞くときだけイヤホンをつけていると思いますが、なにも聞いていないないときにもつけたほうがいいです。

イヤホンをつけると20〜30dBほど耳に入ってくる音が小さくなると言われているので、ストレスを大幅に減らすことができます。

ぼくは内向型と気づいてから積極的にイヤホンをつけるようになったのですが、1日の疲労度がめちゃくちゃ軽減されました。

当時は会社員だったので、家から駅までの道路、満員電車、駅から会社までの道路の往復でかなり消耗していたのですが、イヤホンをしてからは以前より圧倒的に疲れを感じることが減りました。

身体の周りにバリアーが貼られて、無敵状態になった感覚ですね。

いかに耳からのストレスが大きかったのかを思い知らされました。

フリーランスになった今でも出かけるときやカフェで作業する時には、ほぼつけています。

音楽を聞いたり、ボイスブックで勉強したり、なにも聞かなかったり、気分に応じて聞き分けています。

おすすめのイヤホンはJaybird X3

そんなぼくが毎日つけているイヤホンはJaybird X3です。

メンタリストDaiGoさんが紹介していたのがきっかけで購入したのですが、1年半ずっと使い続けています。

・イヤーチップがサイズS,M,Lの3種類あり、耳へのフィット感がいい
・ボタン1つでスマホとBluetooth接続できる
・1回の充電で8時間持つ
・音飛びがほとんどない

長時間使うことになるので、耳へのフィット感と使い勝手を重視して選びました。

値段は決して安くはないですが、1年半使っているので1日あたりに換算すると約30円くらいです。

今振り返るといい買い物をしたなと感じます。

>> Jaybird X3はこちらから

騒がしい場所を避けることも大切

イヤホン以外の対策としては、そもそも騒がしい場所を避けることも大切ですね。

・大型ショッピングモール
・活気のある居酒屋

こういったノイズの多い場所に長時間いることはやめたほうがいいです。

あと、サラリーマン時代には、会社への向かうのに交通量の多い大通りではなく、少し遠回りにはなるけど静かな路地を通るようにしてました。

細かいかもしれませんが、積み重なると大きなストレスになりますからね。

積極的に静かな場所を選んでいくことも大事です。

まとめ

内向的な人は騒音がストレスになりやすいということ、理解いただけたでしょうか?

気づかないうちに騒音によって疲れがたまってしまうのは非常にもったいないので、ぜひイヤホンをつけてみてください。

エネルギーの減り方が変わるはずです。

ノイズをシャットアウトして快適な生活を手に入れましょう。

あわせて読みたい
内向型は疲れやすい?疲れをためないための休息方法【おすすめ6選】こんにちは。 「内向型の人を救う」「内向型を世の中に広める」をミッションに活動している内向型プロデューサーのカミノユウキ(@Yuk...
ABOUT ME
内向型プロデューサー/カミノ ユウキ
内向型プロデューサー/カミノ ユウキ
▼「自分は内向型人間なんだ」と気づいて人生が激変した29歳 ▼“行動力がない” “人付き合いが苦手”な自分を受け入れられるようになった ▼内向型の存在を広めるために会社を退職→内向型プロデューサーに ▼ツイッターでも「内向型の人が生きやすくなるコツ」をつぶやいています